Copyright © 2018 JIN KATAHIRA  All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • YouTubeの社会のアイコン

片平 仁/ Jin KATAHIRA

 私は90年代後半から本格的に3DCGによる作品制作を始めたが、当時のテーマは「ロボット、アキバ、ポップ」だった。が、震災と原発事故が私に大きなヒビを入れた。福島に生きる表現者の一人として、震災と原発事故をテーマに作品をつくらなければならないという覚悟が生まれ、それをテーマにした作品を現在もつくり続けている。

 POP SIDEとDARK SIDE、私は自作をその2領域に分ける。前者のテーマは、日本的なポップカルチャーやロボットテクノロジーだ。後者のそれは、震災と原発事故である。福島に生きる私にとってそれは大きな問題であり制作のテーマだ。深刻で重たいそれらの作品が、やがて細やかなエピソードとして色褪せる日を夢見ながら、私は制作を続けている。

 

I began my professional work on 3DCG since the late 1990s. My theme was “ROBOT, AKIBA, POP” at that time. However, the earthquake and nuclear accident in Fukushima put a big crack on me. Because of that, I was ready to create a work on the theme of earthquake and nuclear accident, as an expressionist living in Fukushima.

I classify my works, as POP SIDE and DARK SIDE. A theme in the POP SIDE is Japanese pop culture and robot technology, and the DARK SIDE is the earthquake and nuclear accident in Fukushima. In particular, the work of DARK SIDE expresses the current situation of Fukushima that I feel personally. I dream that these serious and heavy works will eventually fade away as a modest episode.

 

さらに表示